熱中対策サプリメント

熱中症は、毎年増加傾向にあります。

考えてみれば、昔は熱中症などなかったような気がします。子供のころは、帽子をかぶらずに外で遊んでいると「日射病」になるよとよく言われたと思います。

熱中症と日射病って違うのかな~と調べてみました。

【日射病と熱中症の違い】

日射病は、直射日光による日焼けや暑さによって症状が出ます。顔が真っ赤になって、目まい、頭痛、吐き気などを起こします。

熱中症は、高温や多湿等が原因となって起こり症状で、日射病とは違って室内でも発症する場合が多くあります。

めまい、頭痛、吐き気、足がつる、体温が高くなる、筋肉痛、異常な発汗や逆に汗をかかなくなったりします。

20130621104045

昔より気温は確実に高くなっているので、熱中症になる確率は高くなっていると思いますが、現代人は自律神経のバランスを崩しやすい人が多く、そのために体温調節などをうまくできなくなっている可能性があります。

自宅でじっとしているにもかかわらず、熱中症になり救急車で搬送されるという事例を何度も耳にします。

【なぜ熱中症は起きるのか!】

私たちの体は、体温が上がってくると、汗をかいてその汗の蒸発により熱を放出して体温を下げます。また外気温が低いと、皮膚から熱を放出します。

しかし、外気温が高ければ皮膚から熱が放出できなくなり、汗によって体温を下げようとします。
夏は湿度が高くなる日が多く、汗が蒸発できなくなります。そのために、体温調節がうまくできなくなり、体に熱をため込んでしまうために熱中症

illust2204

また多量の汗をかくことで、体内の水分とミネラルのバランスが崩れてしまうことで起こります。
屋外でのスポーツだけでなく、屋内でも起きやすくなっています。

特にお年寄りは、食事量も減り、喉の渇きを自覚できにくくなるために、体内の水分量が低下してしまいやすく、自覚しない間に脱水症状になっていることもあります。

水分を摂っているのに尿の量が少ない方は要注意です!

 

【こんな症状は前触れ!】

めまい、筋肉痛、手足がつる、頭痛、倦怠感、ふらつく、気分が悪くなる、体温が高くなる・・・など、ひどくなると意識障害を起こしショック状態に。

熱中症は一度起こすとくせになります!

岩塩ミネラルチュアブル              岩塩ミネラルチュアブル

【岩塩ミネラルチュアブルの特徴】

・塩分だけでなく、ミネラル豊富な岩塩に、さらにマグネシウム、ナトリウム、カリウムをプラスし、熱中症の症状を起こさないように総合的にサポートします。

・体にも優しい天然甘味料を使用しています。

・お菓子ではなくサプリメントですので、糖分が気になる方にもお薦めです。糖分が少なく、必要な塩分やミネラルが少量でしっかり摂取できます。

・スポーツ飲料や飴は甘くてかえって喉が渇く・・・と言う方にも糖分が少なく、すっきりした後味です。スポーツ時にも摂取していただきやすいサプリです。

・噛んでも舐めてもOKで、お年寄りから子供さんまで摂取いただけます。

カテゴリー: 山田日記 パーマリンク