病気を治すために必要なこと

体調が良くないと言ったご相談の中、最近多くなっているのがガンのご相談です。

ガンは皆さん怖い病気であると言われます。命の期限を切られたように感じる方もあります。でも決してそうではないのです。
余命宣告をされて完治される人もあります。またガンと共存することで、寿命を全うする方もたくさんおられます。

その差はどこにあるのか・・・

IMG_y9634-540x360

 それは「自分を信じ、自分の体のことを自分で決められるか」にかかっているように思います。

私たちは、毎日膨大な情報を目で見て耳で聴いています。
それがすべて正しいと鵜呑みにしますか?人から言われたことで、自分の考えを決めますか?

 

自分でどうすれば良いかを感じて決めることができる人は、治る可能性が非常に高いように思います。

 

手術をするのも、抗がん剤治療するのも、別の方法を選択するのも、判断するのは自分です。
自分がどう感じどうしたいかが一番大切です。
それは、たとえドクターであっても、すべてを任せきりにしてはいけないと思うのです。
治療に関しては任せないといけませんが、どんな選択をするかは人の意見でなく自分が決めないといけません。

381

抗がん剤をためらってご相談して来られる方がおられます。サプリメントも取り扱っているので、それを見てお電話をいただいているのだと思いますが、第一声は「そのサプリでガンは治るの?」です。
そう言われる気持ちはすごくよくわかります。とにかく治る可能性を一生懸命探したいという気持ちからです。

 

でも、治るか治らないかは、「自分が本当に治りたいか」の意志の強さにかかってきます。「治してもらう」ではダメなのです。

自分の体を人にすべてゆだねてしまうことは、結果病気を克服する時にマイナスになってしまいます。
本来、私たちの体には自然治癒力が備わっています。それは、自分の意志と連動しているのだと思います。
治したい、改善したいと思って決断する行動が、自然治癒力を高めるのです。他力本願では、自然治癒力は働きにくくなります。

758

どんな病気も、自分で選択し自分で判断し、自らが治そうという思いがあるかどうかが、回復するためには最も重要なことです。

その中でもガンは、どれだけ自分のことを信じ、自分の道を選択できるか!それが一番問われる病気なのかもしれません。

なかなか自分では決められない!と思う方。自分にもっともっと自信を持ってください。
自分を信じなければ、体は自分が考えるようには働かないと思うのです。

カテゴリー: その他の病気 パーマリンク