最大の美容器具は手

お肌の美しさは、角質層の水分量が低下していないことが大切なポイントです。そして、お肌に栄養を送り込むためには、まずお肌に汚れを残さないことが大切になってきます。

 
1.まずはメイク落とし

必ずメイクの汚れはメイク落としで落とすこと。顔全体に広げる時は、手の指先だけではなく、指の腹全体を使って下さい。肌の温度でメイクがなじみやすく、落ちやすくなります。

乾燥しやすい方は、オイルクレンジングはタブーです!

 

 2.洗願

洗願料はしっかり泡立てて使う。市販のネットを使うと、早くたくさんのきめ細かい泡を立てることが出来ます。この泡がポイント!

細かい多くの泡で包み込むようにお肌にのばします。ここでも、両手のひらが活躍します。手のひら全体を使ってマッサージし、ぬるま湯で流します。

あくまでもこすらずに乗せて、なでる程度のマッサージ。

泡立てがきちんと出来ていれば、一度の洗願で十分汚れは落とせます。洗願はきっちり行えば、しみも薄くなり、しっとり感もUPするくらい大切なのです。

間違った洗願はお肌を痛めるだけです。気をつけましょう!
 
3.水分補給 

きれいになったお肌にまずは水分。手でつけると言う方もいると思いますが、私はコットン派。何度も化粧水を足してパッティングできるので。

手のひらでもOKです。肌の奥に届かせるようにしっかりと入れ込む感じで。これだけで翌日のしっとり感にかなり差が出ます。化粧水はけちって使ってはダメ!きれいにはなりません。

高くて、けちけち使うなら、1ヶ月で1本くらい使い切れる価格のものを選んでバシャバシャが基本!ここでも、使った後は必ず両手でお肌を包み込んで下さい。

 
4.栄養補給 

水分の後は、それを逃がさないためにラッピング。これは乳液やクリームなどの油分。美容液などの特別なお手入れはその前に!

特別なお手入れの使い方は、お肌の奥に働かせるものから順につけて下さい。しわ系→しみ系→保湿系

 
ここで、チェック。毎日同じお手入れになっていませんか?

私たちの食事でも、お肉が食べたい時もあれば、お茶漬けがいい時もあります。お肌も、状態によってお手入れを変えましょう。

そのためには、自分の肌をよく観察すること。過剰な栄養は、自分の再生力を低下させることにもなってしまいます。

お肌の調子がいい時は、お手入れもフルコースでなくあっさりと。

お手入れの最後は、やはり両手で顔を包み込みます。これが栄養分をお肌に十分浸透させるのにとっても効果的なのです。

自分の手は同じ自分のお肌にやさしくフィットし、肌とほぼ同じ温度なので、各お手入れの後や全てのお手入れの後は、必ず両手でお肌を包み込んでなじませるようにしてみてください。

メイクの時も手をもっとフル活用してください。ファンデーションをのばすのも、指先だけでなく、指の腹全体を使うと、きれいに早くつけることが出来ます。アイシャドーをのばすにも指が一番です。

パフやブラシも良いのですが、最後はやっぱり指や手が一番なのです。
自分の手は、自分の肌に一番なじみやすく、一番隅々まで化粧品を届けてくれるのです。
美容器具を使うのもいいですが、もっと自分の手を信じて活用しましょう!
両手で顔を包み込む時は、必ず「私はきれい!」っておまじないの言葉も添えて。
これも大きなスパイスの一つです(^_^)/
カテゴリー: 美容 パーマリンク