副腎疲労症候群とは?

副腎は、腎臓の横に左右にある臓器で、多種類のホルモンを分泌する器官です。

 

副腎は皮質と髄質に分かれています。皮質からはアルドステロンとコルチゾール、髄質からはアドレナリンとノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。

アルドステロンとコルチゾールは、副腎皮質ホルモンと呼ばれ、副腎皮質内でコレステロールから合成されませす。

アドレナリンとノルアドレナリンは、交感神経の伝達物質で、恐怖や不安、怒りなどを感じた時に分泌されます。

 

コルチゾールは肝臓に働いて血糖値を上昇させ、ストレスが起きた時に脳の機能低下を防ぎます。血糖値だけでなく血圧や胃酸の分泌にもかかわります。抗ストレスホルモンとも言われます。

アルドステロンは、血液におけるナトリウムとカリウムのバランスをとります。

kidneyadrenalgl_ante

ストレスを感じると脳から副腎刺激ホルモンが出ます。副腎は刺激を受けて、抗ストレスホルモンであるコルチゾールを分泌します。コルチゾールは、血中に放出され全身に働いて、血糖、血圧、免疫機能、脳の神経などの調節を行います。抗炎症物質でもあるため、皮膚疾患や炎症などのアレルギーにも働きます。

 

ストレスが多くなると、抗ストレスホルモンの分泌が増え、副腎は疲れて行きます。これが副腎疲労症候群と言われる病気です。

朝が起きられない、うつ気味、楽しくない、倦怠感がある、物忘れが多くなる、疲れやすい、立ちくらみ、アレルギーなどの症状があります。

 

これは検査ではなかなか判明できないそうです。血液中のホルモン値を調べてもほとんど正常範囲になります。そのため、精神疾患と間違われて、抗うつ剤を投与される場合もあります。

うつ病ではないのに、抗うつ剤の投与で、本当にうつ状態に陥ってしまう人もいます。

095

唾液中のコルチゾール検査でわかるそうですが、血液検査でわからないために、見過ごされやすい病気でもあります。

 

さらに病気が進むと、コルチゾールが出なくなり免疫力が低下してしまい、どんなに寝ても疲れが取れなかったりします。

 

副腎疲労にかかわるビタミンは、特にビタミンCとビタミンB群です。これらが不足していると、副腎はストレスに加えてますます疲れやすくなります。

 

現代社会はストレスが多いので、副腎を酷使しやすいと考えられます。血液検査で異常がないのに、疲れが取れない方は副腎疲労症候群に陥っている可能性があるかもしれません。

 

副腎が回復するためには十分休息を取ること、ストレスを回避する方法を自分なりに見つけること、ビタミン・ミネラルなど基本の栄養素をしっかり補給することが必要です。

 

 

 

カテゴリー: その他の病気 パーマリンク