抗生物質って何に効くの?

皆さんは、抗生物質ってご存知だと思います。

風邪や怪我のときなど、お医者さんに行けば必ずと言っていいほど、処方されるお薬です。じゃあ、万能薬なの?って感じもしますよね。

 

実際どんなお薬なんでしょうか?
 

抗生物質は細菌を殺し、感染を押さえるお薬なのです。ウイルスを殺す作用はないので、風邪に直接効果があるわけではありません。

風邪などの時は、抗生物質と炎症を押さえるお薬や咳止めなどが一緒に処方されます。

 

ウイルスを殺さずに細菌を殺す?二つはどう違うの?って思われた方も多いと思います。

 

ウイルスは自分では増殖できずに、生物に入り込んで増殖しますが、細菌は自分の力で増殖します。細菌は細胞から出来ているのですが、ウイルスにはそれがありません。だから細菌は生物と呼べるのですが、ウイルスは呼べないのです。

ウイルスは細菌に比べ、数十・数百分の一の大きさしかありません。細菌は細胞の外から悪さをして、色々な症状を引き起こすのに比べ、ウイルスは小さいので、直接細胞の中に入り込んで症状を起こします。

 

細胞はそれ自体が増殖していき、身体の機能を圧迫したり、働かなくしたりしますが、ウイルスは細胞の中で増殖し、やがてその細胞を破壊してしまいます。0157などは細菌なので、毒素を自ら出して腸から出血させてしまいます。

 

抗生物質はウイルスによる病気、たとえばインフルエンザなどには効果がありません。でも、お医者さんでは抗生物質が出されます。

なぜ??って思われますよね。これは、抵抗力が弱った身体が細菌感染を起こす可能性があるからだそうです。また診察段階では、ウイルスか細菌感染かの判断がつきにくい場合もあるようです・・・

患者さんの立場からすれば、お薬の出し過ぎや過剰医療という声もあがるかもわかりませんが、細菌感染を合併させ重症化したら大変ということでお医者さんは出されているということです。

            

抗生物質は細菌を殺すということで、これが用いられて多くの病気が治るようになりました。

効果が高いことで、何に対しても使われてきたので、それに対抗する耐性菌が現れてきたのです。細菌も生きるためには必死!形を変え、耐性(お薬が効かない性質)を身に付けてきたのです。

昔多かった結核が、抗生物質によって激減しました。でも今また薬剤耐性を持った結核菌が猛威を振るおうとしています。

効果の高いお薬は人間を助けてきましたが、反面細菌の力をつけることにもなったわけです。病気とお薬のいたちごっこは永遠に続くことになるのでしょうか?

 

抗生物質は、解熱剤などの症状を押さえてしまう薬とは違い、細菌を殺すという根本的なお薬ですので、途中で止めたり、飲む回数を減らしたりすると、菌を殺してしまわずに身体の中で耐性化させてしまうことになります。

 

症状は緩和されていても、身体の中では菌がまだ残っていて、これが耐性菌になって、次に抗生物質を飲んだときに効かないということになる可能性が起きるらしいのです。お医者さんから貰った抗生物質は、用量や回数をきちんと守って摂取することが大切です。

 

細菌くんとうまく付き合っていくには、自分の身体の抵抗力をつけておくことも大切です。ちょっとした風邪や体調不良で、忙しい現代人はすぐにお薬に頼ろうとしてしまいます。

それが、自らの身体をもっと弱くしてしまっていることも、忘れないでほしいと思います。肝心の時に使われるお薬の効力を最大限に発揮させるためには、むやみにお薬に頼らないようにしたいものです。

そして、お薬を使うときはきっちり飲んで、早く治す。これは、病院でもらうお薬も市販薬もそうです。市販薬はついつい飲み忘れたり、回数を減らしたりしがち。飲んだり飲まなかったりしてだらだら続けることで、効果がないばかりか肝臓に負担がかかったりします。

 

抗生物質という薬が出来て治る病気も増えた反面、むやみに使うことで、人間の抵抗力を脅かしてきているのかもわかりません。

地球にはすごい数の細菌が存在します。抗菌をしすぎる、抗生物質を使いすぎるなどで、人の常在菌が耐性化し、命を脅かしてしまう菌も増える可能性があります。私達自身も多数の細菌を持っていて、助けられてこともたくさんあります。細菌と共存することで過ごしてきたのに、人間のまわりから細菌を消し去ってしまおうと考える我々に、細菌たちは逆襲をはじめているのかもしれませんね。

 

現在抗生物質が効かない耐性菌が現れてきています。今後益々増える可能性が多くなってきていると言われています。

細菌やウイルスの標的にされない身体は1日では出来ません。睡眠をとっても疲れが取れない、便秘や下痢(腸が傷ついている可能性があり、細菌やウイルスなどが侵入しやすくなります)、体重が増えてきている、風邪をひきやすくなったなどと思われる方・・・

抵抗力が低下している可能性が高いですよ。気をつけないと、強力な病原菌が狙っているかもわかりませんよ~~。 

カテゴリー: 健康, パーマリンク