ワクチンが自閉症の原因?

自閉症は遺伝によるものではなく、ワクチンが原因で引き起こされているものだとイタリアで認められました。しかもメーカーは臨床治験段階でそれを知っていたようです。

こんな大変なことが、アメリカと日本では報道されていないのです。

出典はこちら⇒リンク

court-judge

イタリアでは大々的に報道されたようですが、アメリカでは規制がかかっていて報道はされていないようです。そして日本も・・・

 

自閉症には3つの症状が現れると言われています。

1.対人的相互反応の質的な障害

アイコンタクト、表情理解、身振りなどの非言語性行動の理解が苦手で、遊びのスキルが低く、年齢相応の社会的な関わりを築くことが困難。

2.意志伝達の質的な障害

言語が発達せず、それをジェスチャーや他のコミュニケーション手段で補なわない。

3.限定された活動や興味

常同行動や同一性保持の傾向が見られる。自閉症児は、触覚が過敏か、もしくは非常に鈍感であったり、嗅覚や味覚が過敏であったり、物の配置や文字、数字に執着するなどの視覚的なこだわり行動も見られる。

一部こちらから⇒リンク

 

自閉症は、先天性の脳機能障害とされ、遺伝によるものであると考えられていました。ですが、最近では脳機能に何かしら異常が起きて発症する“後天性”の症状であることが知られています。最近は自閉症の子供たちが増えてきています。

3才以前の早期に症状が現れ、その困難さが生涯に渡って続く発達障害です。
従って、「いじめのため自閉症になった」「昔自閉症だったけどなおった」「親の育て方が悪くて自閉症になった」「テレビの見過ぎ、ゲームのやり過ぎで自閉症になった」などというのは、全て間違いなのです。

 

以前から遺伝ではない別の要因として、重金属が脳に蓄積されるのではないか?と言う説がありました。その中でも水銀が特に問題視されており、幼児の時に接種されるワクチンに配合されている水銀(防腐剤として含まれる、チメロサール)によって、後天的に自閉症を誘発することが最大の原因ではないかと一部では指摘されていました。

しかし、医療業界や政府はそれは一切認めず、先天的な遺伝の病気であるとの考えを通してきました。

 

ですが、今回イタリアで自閉症の原因がワクチン接種である」ことが認められました。

その上、ワクチンの治験段階から自閉症を起こしていて、それをメーカーは知っていたことがあきらかになったのです。

山本節子さんサイト⇒ワクチンと自閉症の関係、裁判所が認める(イタリア)

 

子宮頸がんワクチンの異常な副作用で、健康な女子高生に残った障害がマスコミで取り上げられました。ワクチンには何が使われているのかということが、ネットでも話題になりました。

130606140655_0                   画像は五條氏のサイトからお借りしました

ですが、幼児に使われるワクチンの危険性に関しては、何の報道もなく、疑いもせずに受けさせている親は多いと思います。

幼児のうちに10回ほど打っているワクチン。子供のために良いと考えて行っている行為が、子供の将来に影響を与えている可能性が高いのです。

現代にはまだまだ沢山の危険があります。少しでも不安がある時は、親がよく調べて対応するべきですね。

知ろうとするかどうかは、すべては個人にかかっていると言えます。

 

 

 

カテゴリー: その他の病気 パーマリンク