ビタミンの必要性

ビタミンとは、生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物の総称(無機物はミネラル)と、ウィキペディアにあります。

 

炭水化物、脂質、タンパク質の3つは、「3大栄養素」と言われ、主としてエネルギー源として使われます。

 

これら以外に必要な栄養素として、ビタミン、ミネラルがあげられ、この二つを含めて5大栄養素と呼ばれています。

 

3大栄養素は、大量に摂取する必要がありますが、「ビタミン」は、非常に少ない量で、体にっ有効な働きをしてくれます。

 

しかも、体内で合成されないので、外界から取り入れなければならない物質(栄養素)のうちの「有機化合物」であるということになります。

 

 

 

ビタミンが多く含まれるのは、野菜や果物!

現代人は、非常に不足していると言われています。

 

しかも、野菜のビタミン含有量は、どんどん減ってきています。

刈り取ってすぐに食べるわけではなく、スーパーでお買いものをして、その日のうちに使うことも少なくなっています。

 

微量栄養素にもかかわらず、私たちの体は、これらの微量栄養素がなければ生命維持活動ができません。

野菜を食べると健康に良いのは、こういったことから言われていることです。

水溶性ビタミンなどは、体に貯めておくことができないため、毎日きちんと摂取する必要があるのです。

 

ビタミンだけでなく、すべての栄養素は単独で働くことはありません。

サプリメントが一般的に認知されるようになって、 日本でも、最近はサプリメントを摂取する人が多くなっていますが、ひとつの成分を多く摂取することは、別の栄養素の不足にもつながることがあります。

サプリメントでビタミンを摂取することは良いと思いますが、サプリメントは補助で摂取するものですから、食事をないがしろにしても良いわけではありません。

 

 

 

 

ただ、ストレスが多かったり、食事の偏りがある場合には、必要な栄養素が不足してしまうために、体の機能が正常に働かなかったりすることもあります。

ビタミンは、バランス良く摂取できていなければ、体の中の低いレベルのビタミンの量に基準があってしまい、全体的に低いレベルでしか働かなくなってしまうのです。

そのために、ビタミンのサプリメントを摂取していると、いつも一定のレベルの働きをしてくれることになります。

カテゴリー: サプリメント パーマリンク