なぜ抗がん剤を拒否できないのか!医者に気を使うのか!

癌で抗がん剤治療が必要と言われたら、あなたならどんな選択をしますか?
体調がおかしいと気づいた時には、まず病院で検査をすると思います。
検査結果が出て、癌と告知されたら、治療に関してはどのような選択をしますか?

日本は、病院と言えば西洋医学での治療が一般的です。

病院に行けば、癌の進行状態や場所によって、切除手術や放射線治療、抗がん剤治療が行われます。

502

抗がん剤治療に関しては、否定的なドクターもたくさんおられ、やらない方が良いと言った本も出ています。

それが正しいかどうかは別として、検査結果でドクターから抗がん剤を薦められたらそのまま言われる通りに治療を行う人がほとんどです。
納得して行うならともかく、抗がん剤治療は嫌だな~と思っても、ドクターに断る勇気がない人がとても多いのが現状です。

 

ドクターによっては、あからさまに「抗がん剤治療をしないならどうなっても知りませんよ」と言う人もいます。そこまで言わなくても、嫌な顔をされたり、それ以降の治療にはほとんど身が入らない人もいます。

自分が癌になった時には、抗がん剤はやらない!というドクターが多いにもかかわらず、どうして患者さんには薦めるのでしょうか?

1385279447582

つい最近も、難度の高い保険適用外の手術をして死亡事故を多発させて問題になっていた医師がいました。その病院に勤務している別の医師は、手術を止めるように病院側に話たが、経営状態が悪かったために、その手術を止めさせなかったということをTVで話されていました。

と言うことは、患者を救うのではなく、単なるお金を稼ぐ道具であり、病院ではなく商売と言うことになります。

もちろんすべての病院がそうではないですが、多かれ少なかれそういうことはあるはずです。

 

そんな病院やドクターに気を使うことはありえないと思いませんか?
自分の身体や命は、自分が決めるべきものです。お金儲けの一つにされてはいけないのです。

抗がん剤治療を拒否すれば、入ってくるはずであろう大きな儲け?はなくなります。
それでも、医者であれば患者さんを最後までサポートすべきですよね。
自分のところで治療をしないからと言って、サポートまで拒否することは医者として考えられません。

1385279447442

そんなドクターならこちらから止めて別の病院に変わるべきです。
ですが、ほとんどの患者さんは、今後も看てもらわないといけないから、先生の機嫌を損ねると看てもらえなくなると言われ、自分の身体よりドクターに気を使います。
自分の身体を二の次にしても良いのですか?それで本当に良いのですか?
患者さんにきちんと向き合って、患者さんがどうしたいのかを聞いて下さるドクターに治療をお願いするべきです。

 

そして一番大切なのが、「自分がどうしたいか」を決めることです。
癌を告知されたら、愕然としてしまうのは当然だと思います。ですが、どんな治療をするかをすべてドクター任せにしてはしてはいけません。自分が調べて、自分が感じて、自分が判断することが必要です。それを選択することが要求されている病気なのです。

 

抗がん剤の副作用に苦しむなら、何もしないと言う選択をする人もいます。
私の友人は、抗がん剤をしない選択をしました。副作用に苦しみ、病院のベッドで管につながれるなら、余命が短くなっても好きなことをしたい、普通の生活をしていたいと言っていました。
実際に、無くなる前日まで家にいて、1週間前までお芝居を見に行ったり、好きなことをしていました。
無くなるまで元気に過ごしていました。亡くなったのは、それが彼女の寿命だったのだと思います。

抗がん剤治療を行っていたら、きっと家族と過ごすことはなく、好きなこともできずに病院のベッドにずっと寝てたいたと思います。実際に、余命宣告よりはるかに長く元気でいたのは事実です。

1427032551567

また、抗がん剤治療を選択する人もいます。自分が選択するなら、その治療も自分にとって良い判断だと考えます。どんな治療が良いか悪いかではなく、どんな治療を「自分が選択するか」なのです。

 

人は生まれた時から死に向かって生きています。癌宣告をされなくても、明日の命は誰にもわかりません。
病気でないから、明日も明後日も健康でいられると信じているだけです。
ですが、どんな人も明日はどうなるかはわからないのです。

それを理解した上で、どうしたいかを決めるのは自分なのです。
もし抗がん剤が嫌だと思うなら、抗がん剤を拒否することをためらうべきではありません。
すべてをドクターにゆだねることは、自分の人生を生きないで人のために人生を生きていることになります。

 

自分の身体にきちんと向き合って、自分が決めることが大事だと考えます。それができるかどうかが問われています。

カテゴリー: 癌について パーマリンク