pH調整剤

ヤフーニュースで、「コンビニのパンは超危険?見えないかたちで大量の添加物、健康被害の恐れ」という記事が出ていました。

混ぜ屋」と呼ばれる食品添加物メーカーがある。混ぜ屋は、添加物の原末(原料)を化学薬品メーカーから仕入れ、それぞれの加工食品に適した食品添加物を製造して販売する業者のこと。
東京都内の混ぜ屋の社長に「今、添加物で気になっていることはありますか?」と聞いたところ、社長は即座に「pH調整剤です」と返答した。

と書かれていました。

fr1-4

pH調整剤は「日持ち向上剤」ともいわれ、食品の腐敗を防ぐ役目があるれど、あんなに多量に添加すると、食べた人の健康保持に不可欠な腸内細菌の善玉菌まで殺しかねない、と混ぜ屋の社長が言っているのだとか。それをコンビニチェーンに進言したけれど、聞く耳を持ってもらえなかったそうです。

 

何種類かの添加物を混ぜていても、表示は「pH調整剤」のみ。

pH調整剤に使われている添加物の中で、特に問題なのはリン酸塩で、過剰摂取は、ヒトの腸管から血液中にカルシウムが吸収されるのを妨げ、亜鉛を体外に排泄してしまうそうです。
カルシウム不足は、イライラや神経過敏を引き起こしますし、亜鉛不足は、タンパク質の合成、味覚への関与、インスリンの生成、免疫や生殖機能にも不具合を起こしてしまいます。
コンビニなどの販売者からすれば、リン酸塩の表示は隠したいところ。リン酸塩だけでなく、少しでも添加物表示は避けたいけれど、日持ちさせたり腐らないためには必要不可欠な添加物なのです。リン酸塩以外にも、たくさんの添加物が加えられているということですが、それをひとまとめにしたのが、pH調整剤なのです。

 

また、pH調整剤だけでなく、調味料(アミノ酸等)にもグルタミン酸ナトリウムに、複数の添加物が加わっているようです。
その中にもリン酸塩が使われています。

food_tenkabutsu

 

食品を購入する際に、ほとんどと言って良いくらいこの二つの表示をよく見ます。この表示を避けようと思えば、何も買えないくらいになっています。
質問箱や知恵袋には、添加物が良いか悪いかの質問が寄せられていますが、答えている方は添加物のメーカーさん?なのか、安全基準を満たしているから大丈夫とか、法律上は認められているので問題はない、不安がっている方がおかしいと答えられています。

 

果たして本当に安全基準や法律の範囲であるから、それをすべて信じて良いのでしょうか?

法律を決めている国は、国民の健康だけを考えて、しがらみは全くないと言っていいのでしょうか?

 

今はほしい本もネットで探すことができますし、色々な情報がネットにあふれています。
ネット情報が正しいかどうかは怪しかったりもしますが、疑問点を調べる手立てはたくさんあります。

books

疑問符が頭の上に現れた時には、自分が納得するまで調べるべきだと思います。特に身体のことに関しては、自分だけでなく子供にもかかわってきます。

自分の健康は自分で守るべき時代です。どう判断するかは個人にゆだねられています。

便利、安い、美味しいを求める私たちも良くないとは思いますが、企業は人の健康より儲けを優先してしまったように感じている人も多いと思います。

 

すべての情報に対して、正しいと判断できるかの「見る目」が必要な時代です。
それは自分が調べて自分が決めなければいけない選択になります。常識だから、データがあるから信用できるという他人任せではもうダメだと思いませんか?

自分の調べた情報や感覚を信じるべきだと思います。

将来を担う子供たちのためにも、選択することは非常に大事なことだと感じています。

カテゴリー: 食べ物 パーマリンク