ネガティブな思いは叶いやすい!

前向き、ポジティブ思考が良いとよく言われます。ポジティブな人と一緒にいると、こちらまで楽しくなり元気をもらえます。

逆にネガティブな人は、周りを暗くしてしまうだけでなく、実際にそれが自分の身体にも悪い影響を及ぼす可能性が高いのです。

077

引き寄せの法則」「思考は現実化する」と言った考えもあり、多くの本も出ています。聞かれたことがおありだと思います。
「引き寄せの法則」とは、自分の思考や感情が常に同じような状況を磁石のように引き寄せてしまう、と言うことで、「思考は現実化する」も同じように、感情や思いが、意識しているかしていないにかかわらず現実化してしまう、と言うことです。

 

私たちは神社などでよく手を合わせます。念じると思いは叶うと考えているからですね。神様の前だけでなくても、手を合わせて「○○になりますように!」など小さなお願いはよくしています。
念じているとその思いは神様に届きやすくなると言う思いが強いので、思わず叶ってほしいことを念じるのですよね。

 

自転車に乗り始めた時に、電信柱にぶつからないように精一杯避けるように運転しているのに、「あたる、あたる~」と心のどこかで思ってしまい、結局電信柱に引き寄せられるようにぶつかってしまうことがありました。
これはある意味、念じていることになっているから、その思いどおりになったのです。

DSC_0376

私たちは起きてしまった悪い出来事や、将来の不安があるとついついそのことが頭から離れなくなってしまいます。
頭から離れなくなるということは、いつもそのことを念じていることになるわけです。

 

癌などの大きな病気であれば、常に悪化しないかと心配になります。癌は怖い病気であると言った認識が強く、頭から消えないのは仕方ないのかも
しれません。ですが、そのことがいつも気になると、何をするにも心ここにあらずの状態で、ついついその思いを頭に浮かべてしまいます。それは、常に念じていることになり、考えれば考えるほど悪い方向に進んでしまいます。自分が意識しない知らない間に悪い方に念じてしまっているからです。

DSC_0345

たとえば、余命宣告をされた方でも完治されている方がおられます。それは運が良かったとかたまたまではなく、悪いことを考えなかったからだと思います。わからない先のことは考えずに今やれることを精一杯やろうと思い、前向きに考えた方がほとんどです。

不安な気持ちに心が奪われても、病気になったことを変えることはできないのです。それならば、気持ちをできるだけ切り替えて前を向いて進む方が絶対に良いはずです。

 

 

病気だけでなく、失敗したことを悔むことも同じです。悔めば悔むほどネガティブな思いを念じているために、また同じような不幸なことを引き起こしてしまいます。
将来への不安も同じです。将来への不安な思いは、同じようにネガティブな出来事を連れてきてしまいます。
わかっているのは今この瞬間だけです。であれば、今できることを一生懸命行うことが大切です。今ある目の前のことにだけに集中して取り組めば、ネガティブな思いを唱えることはないため、悪いことが起こらないのです。

 

私たちは子供の頃から、人と比較されることを余儀なくされてきました。自分は自分、人と違って当たり前!と思えずに、すぐに誰かと優劣をつけてしまう・・・。長年叩き込まれた習慣や癖は、そう簡単には改善することができないのも仕方がないのかもしれません。人との比較で、自分のネガティブな思いを引き起こすことに慣れてしまっています。

098

大人になっても失敗や望まない人間関係などで、ネガティブになることは日常茶飯事です。
病気がなかなか完治しない方、体調不良が続く方、どうして自分だけ悪いことが続くのか・・・と感じている方は、一度自分がネガティブな考えを毎日念じていないかを考えてみてください。

 

 

どうしてもネガティブになってしまう人間関係などは、見直す必要があると思います。嫌な思いをひきずりながら自分をだまして過ごしていることは、さらに悪い出来事を引き寄せ、身体にも悪い影響を及ぼすからです。

 

ネガティブな考えに浸っていると言うことは、毎日唱えていることになり、神様に毎日強くお願いしているのと同じように、叶ってしまいます。ポジティブなお願いより、唱えている時間が多い分叶いやすいことになります。
悪い出来事を叶えてしまわないためにも、後悔や不安に気持ちを置かないで、今できることにしっかり取り組むことが大切です。同じ願いが叶うなら、良いことで叶えたいものですね。

カテゴリー: メンタル パーマリンク