ダイエットと「レプチン」

レプチンとは、タンパク質の一種で、エネルギーを作れという指示を出したり、消費するのを抑える指示を出す成分で、食欲や代謝に関係します。

レプチンは全身の脂肪細胞で作られ、食欲、代謝を調整するために、体脂肪の量を脳へ伝えるのです。

レプチンが分泌されるには20~30分かかります。そのために、それまでに早く食べてしまった場合は、満腹を感じないために、過食につながりやすいのです。

早食いは太る元というのはこのせいなのです。

もともと人間は、狩りをして生活をしたいたにで、いつ食事にありつけるかもわからないため、飢餓に対して強い体になっているのです。食事ができなくても、生き延びられる体になっているわけです。

そのしくみにかかわるのが、レプチンで、エネルギーである脂肪をため込もうとする働きがあるのです。

昔と違って現代は、いつでも食べることができる状態にあります。しかも飽食と言われるほど、食べ過ぎていることも多いのです。

そのため、レプチンの働きに異常をきたしていると考えられます。

食事がしっかりできていれば、レプチンの働らきもストップしてくれればよいのですが、悲しいことに、ストップどころか、脂肪とともにどんどん増えてしまうのです。

脳に指令を伝えますが、どんどん伝えるために飽和状態となり、脳が混乱を起こしてしまいます。レプチンの調節機能が効かない状態になってしまいます。

 

レプチンは、体脂肪率が25%を越えたくらいから分泌が盛んになると考えられ、満腹を感じられなくなるため、いくら食べても満腹にならず、いつまでも食べてしまうことになるのです。

そして、次々と脂肪が溜め込まれていってしまうという悪循環になっていくのです。
ダイエット中に、食事も制限し、結構痩せて脂肪が減ってきたときには、レプチンもかなり減ります。

ですが、脳はすぐにはそれに対応ができずに、レプチンが減っても満腹を感じにくくなっていた脳は、ものすごくお腹が減るような感じになってしまいます。

異常にお腹がすいたり、食事に対する執着が起きてしまうので、リバウンドしてしまい、結局元に戻ってしまうという状態に陥ります。

脳が麻痺を起す前に、過食を止めなければ、減量するのに苦労することになってしまいます。レプチンが多くなっている人は、味覚も鈍感になっているとも言われています。

 
レプチン濃度の高い肥満の人は、味覚も鈍感になっていくといいます。その為、甘味による満足が少量では得られなくなってしまい、甘いものを大量に食べることにもなってしまうといいます。

肥満にならないためには、まずレプチンを増量させないようにしないといけないのです。

そのためには、脳が麻痺してしまわないように、食べ過ぎたら、2,3日に調節して、食事量が増えすぎないようにすることが大切です。

適度な運動も、レプチンを増やさないためにはとても効果的です。

 

 

カテゴリー: ダイエット パーマリンク