農薬まみれの食べ物で満足と言えますか?

日本は世界の国々と比べると、小さな島国です。
それなのに農薬は世界一使っています。なんと、日本では単位面積当たりの農薬使用量がアメリカの7倍だとか!世界では中国に次いで2番目の多さのようです。

なぜこんなにも使われているのでしょうか?

お金や利権にからんでいる、国のトップの問題なのでしょうか?

073378

消費者も本当は無農薬の野菜やお米を望んでいるはずだと思いますが、農薬を散布しないと収穫高が変わってくるのか、せっせと農薬をまいている農家の方が多いと思います。

まいている本人たちにの身体にも影響があるのに、安全と言われて農家の方たちもそれを信じていると言うことかもしれませんね。
農薬が使われていない食品はあるのでしょうか?たとえ無農薬で作ったとしても、すぐ近くの土地で栽培されているものには、農薬がまかれています。狭い日本で、隣が農薬を使っていれば、全く影響がないとは言えません。

 

ミツバチの大量死の一因として知られているネオニコチノイド系農薬

この農薬は非常に強力で、汚染された食品の内部に浸透し、洗い落とすことはできません。日本の食品残留基準は非常に緩いとも言われています。

昆虫の中枢神経に働きかけて死に至らせるネオニコチノイド系農薬ですが、昆虫には毒性が強く、人への影響は少ないと言われ、使われていますが、本当にそうなのでしょうか?

illust124

神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを撹乱するのがネオニコチノイドなのです。
昆虫の神経系は哺乳類と基本は似ていると考えられていますが、アセチルコリンは人体においても重要な神経伝達物質です。ですので、アセチルコリンの働きを乱すネオニコチノイドが人体へ影響を及ぼす可能性は全くもって否定できないと思います。

 

 

米国の反農薬団体(Beyond Pesticides)が「農薬によってもたらされている病気のデータベース」を立ち上げています。

その病気は、喘息、生殖機能の異常、パーキンソン病、アルツハイマー病、発達障害など多岐に渡ります。
日本の先天性奇形発生率は、最近の数十年間で約2倍になっていると言われます。

日本では原因不明の難病が増加しています。難病患者は20年も経たないうちに3倍に増加しているそうです。特に増加しているのが、潰瘍性大腸炎とパーキンソン病だと言われています。

また、不妊カップルも非常に増えています。不妊治療、不妊相談は増加の一途をたどっています。子供にも原因不明の病気が多発しています。

 

海外では、お野菜は袋にも入っておらず、少し虫がついていたり、形が悪いものもあります。日本ではきれいな野菜しか売れないそうで、農協への販売も、虫が1匹いれば納品できないのだとか。

IP03_B40

私たちが形の良いもの、きれいなものしか受け付けないからではないでしょうか?土がついたり、虫がついているお野菜は、新鮮でとても美味しいです。洗う手間があるかもしれませんが、そんなわずかな時間は命と引き換えにするほどのものではありません。
本当にそれほど農薬は必要なものなのかどうか。。。

 

人間が一番偉いのではなく、私たちは生物がいなければ生きてはいけないはずです。私たちは、自分で自分の首をどんどん締めていっています。病気になってはじめて気づくのかもしれません。
子供たちに何かが起きて後悔してももう遅いのです。

 

自分たちの食べ物や環境にもっと目を向けなければいけないのではないでしょうか?家族や子供たちのために、判断して選択する目を持つことが大事ですね。

カテゴリー: 食べ物 パーマリンク