だるさ、疲れ、体調不良は化学物質の影響?

こんな症状に悩まされていませんか?

不定愁訴と言われる症状ですが、不定愁訴とは、何となく体調が悪い、すっきりしないという自覚症状はありますが、検査をしても原因となる病気が見つからないような状態のことです。

病名はついていなくても、あきらかに身体は正常な状態ではないと言うメッセージを送っています。

gatag-00002525

私たちの身体は、口から食べたものでできています。必要な栄養分を各臓器に届け、不必要なものを排泄することが健康には不可欠です。

気をつけていても、不要なものは取りこんでしまいます。大気汚染、化学物質、有害ミネラル、添加物、農薬、薬・・・・
不要なものを取り込まない生活は、現代では無理と言っても過言ではありません。

 

では、どうすれば良いのか!
身体にとって必要なものだけを残し、不必要なものは排泄すると言うことが重要になってきます。

 

夏バテ?熱中症?と言った症状が増えています。身体にとって不要なものは、たくさん存在します。今までとは違う身体の不調・・・
不必要な物質を身体から排泄できずに溜めこんでいる可能性がありますね。

 

たとえば、放射性物質で問題視されている、セシウムやストロンチウム。
これらは、私たちの身体に必要なミネラルに化学構造が似ています。そのために、取り込まれやすいとも言えます。
必要なミネラルが不足していると、放射性物質がミネラルに取って変わって身体に留まるのです。

food_tenkabutsu

また、合成の添加物や、もどき食品は、急激な影響は与えなくても、そ~っと身体を蝕んで行きます。
マーガリンが身体に悪いことは有名です。バターはカロリーが高いので、マーガリンの方が身体に良いと考えられてきました。マーガリンの油は天然に存在しない油なので、身体から排泄されるだろうと思われていました。その当時は・・・

 

脂質は、細胞膜やホルモンなどの原料になりますが、なんちゃって油(脂質)は、こっそりその原料になってしまいます。
本来身体に必要な脂質ではないので、正常な機能を行わないばかりか、健康を害してしまうことになるのです。

 

すぐにはわからないので、気にせずに摂取している場合が多いはずです。日本で使われている化学物質は、1200万種類もあると考えられています。敏感な方は摂取するとすぐに身体に反応が出てわかると言われますが、そんな方は少ないと思います。

 

溜めこんでいくと不定愁訴だけでは終わらなくなります。昔はなかった病気の多発、癌の増加、うつ、自己免疫疾患などなど、私たちの身体は合わない物質の摂取で体調をどんどん狂わされています。身体はじわじわ蝕まれていきますが、気がつかないことがほとんどです。

不定愁訴は、身体からのメッセージです。早く気づいて改善するべき状態であると言うことです。

 

できるだけ不必要なものを取り込まないこと、不要なものは早く排泄することがとにかく大事です。
そのためには、血流が良く臓器の活動が活発であることが大切です。臓器がきちんと働いてくれないと、良いもの悪いものの選別をして、いらないものを排泄してくれません。

IP03_B40

不必要な物質を身体に溜めこまないためには、必要な栄養素はきちんと摂取することが大事です。有害ミネラルや放射性物質は、必要なミネラルを摂取できていれば蓄積されずに排泄されます。そのためには、野菜が多く、バランス良い食事を行うことが重要になります。
あとは、便通を良くすること。尿をしっかり出すこと。これは、適度な水分を摂取し、血流を良くし、臓器の働きを促す運動を癖づけることです。

 

自分の身体は誰も守ってはくれません。自分で守る必要があります。
身体のことを考えず、好きなものを食べ、楽な生活習慣を行っていれば、それなりの身体になるのは仕方ないことです。

大きな病気を起こしてから、慌てないようにしたいですね。

カテゴリー: 健康 パーマリンク