ガンになるからだとは・・・

カウンセリングを行っていて、ガン患者さんに共通する点があると思います。それは、自分に対しての「縛り」が多いことだと感じます。

ガン患者さんには真面目な方が多いと良く言われます。真面目と言えば聞こえは良いのですが、自分の体に優しくない人が多いのでは?と思います。

「人がガンになるたった2つの条件  安保徹著」の本にも書かれています。

4170wGxcfcL._SX343_BO1,204,203,200_

ガンはストレスが一番の原因なのです。働き過ぎや心の悩みなどによるストレスは、血流障害を起こし、体を冷やしてしまいます。ガンはストレスによって、低酸素・低体温の状態が日常化したとき、体の細胞がガン化して生まれるもの。生きにくい状況に適応しようとする体の知恵であり、低酸素・低体温の状態に適応し、最大限のエネルギーを発揮する存在がガン細胞なのだそうです。ガン細胞は、低酸素や低体温で生き延びることができるのです。正常な細胞が生きづらい環境で、ガン細胞だけが勢力をあげて行きます。

 

 

 

人間のエネルギー製造システムは、ミトコンドリア系と解糖系があって、ミトコンドリア系は酸素が必要、解糖系は無酸素。 無酸素の解糖系ばかりが稼働するようになった時に、ガン細胞が生まれると言われています。ガンを退縮させるには、ミトコンドリア系が働きやすい環境に変えれば良く、ミトコンドリア系中心のゆったりした生活にすれば良いのです。

 

スポーツで短距離などは瞬発力を必要としますが、それは解糖系でのエネルギー生産です。無酸素な状態なので長く続けることはできません。仕事もがんばる時には解糖系でのエネルギー生産になり、これも必要ですが、交感系神経が優位になるため、こればかりに偏ると低酸素・低体温に陥ります。ミトコンドリア系のエネルギー生産は、酸素を必要とするので、ゆったりとした生活で副交感系神経が優位に立ち、血流が良くなければいけないのです。

stress_woman

ですがこれもバランスが重要で、じっとばかりしてストレスを回避してばかりいれば、代謝が悪くなります。適度な緊張と緩和がうまく調和が取れていることが健康につながることになります。緊張状態は血流を低下させますが、そのあとの緩和で血流がぐっと良くなります。

 

 

ガンになる人は、このバランスが崩れていると言うことです。解糖系に偏ってしまうような生き方を続けている限り、ガン細胞の増殖は繰り返されることになり、体内で生産される抗酸化物質や免疫細胞では対処しきれなくなるのです。ガンが生存しにくい条件を整えさえすれば、ガンは勝手に治って行くと考えられています。

 

現代医学では、ガンが見つかれば三大治療でガンを叩きます。ですが、根本が改善されなければ、いくら叩いてもどんどん再発してしまいます。食生活や生活習慣も大切ですが、一番は解糖系に偏ってしまうような生き方が問題なようです。

食生活も玄米菜食や糖質制限食などありますが、人が良いと言っても自分に合うかどうかは自分にしかわかりません。無理をして続けていると、かえってストレスにつながり、低酸素・低体温状態を作ってしまい、改善していると思っても逆効果だったりします。

free-illustration-onsen-woman

ストレスはどんどん麻痺していくため、自分ではわからなくなってしまいます。忙しい、無理していることに、酔ってしまう人もあるくらいです。そんな無酸素の解糖系ばかりが稼働するようになった時に、ガン細胞が生まれます。無理をしている、がんばり過ぎていると少しでも感じるようであれば、一旦リセットしてゆったりするミトコンドリア系が働きやすい環境に変えことが、ガンを作らないためには重要なことです。

 

 

カテゴリー: 癌について パーマリンク