自分のカラダを丸投げする人

先日、ある業者の方とお話をしていました。
その方は、自分の体のことを自分で決めずに、丸投げする人が多すぎる!と言われていました。効くのか効かないのか、そればかりが気になるようだと・・・

 

世の中で、体が全く同じと言う人は誰ひとりいません。
だから同じものを食べても味覚も正直なところ感じ方は異なると思います。
美味しいと感じても、Aさんの美味しさとBさんの美味しさは違うはずです。

 
体が感じる温度や痛み、見え方、聞こえ方など、すべてが本来は違うのでしょう。

 
医療は、その一人一人に対応はできません。
統計を取って、平均データで血圧や血糖値などの基準値が決められています。
それで病気かどうかも決まるのです。お薬もそのデータによって出されているわけです。

 

ですが、他の人と自分とは体が違います。体重も身長も違えば、食事内容も生活習慣も違います。なのに、出される薬は同じなのです。治療方法もほとんどが同じです。

o0300040012556732286

                  写真こちらからお借りしました!

洋服を買いに行った時に経験することです。マネキンが着ているとすごく良い感じと思った洋服を試着すると「?こんなはずじゃないのに・・・」って思うことありませんか?
自分が着ると、袖は長い、肩が落ちてる、太って見える・・・マネキンとは全然違う~!って
思わずがっくりしたことが、私は何度もあります(^_^;)

もちろん、ぴったり似合う人もいるでしょう。
オーダーメイドではないので、合う人もいれば合わない人もいるのが当たり前ですよね。

 
自分の体を自分で見極められない人は、合わない洋服をそのまま着る人かもしれません。
普通は似合う洋服、ぴったりする洋服を見つけるまで探しますが、医者や他人にゆだねる人は、合わない洋服を着ていても平気な人のように思います。

 
自分の体の状態は自分しか把握はできません。それはどんなに優秀なドクターでも、細かいところまで把握することは無理なのです。
ドクターの判断をあおぐことは必要かもしれませんが、自分の判断も必要なのです。

naizou_woman

体の不調は、自分の体を自分がきちんと感じることができていないと言う信号でもあります。

 

何を食べると調子が良いのか、何を食べると体調が悪くなるのか、どのような生活習慣であれば元気なのか・・・・、もっと自分の体のことを知るべきだと思います。

 

災害が多くなってきている現代では、何かあった時に他人にゆだねていては自分の体調管理はできません。

自分の体を丸投げせずに、自分が把握するべく、もっと敏感になることが必要です。

カテゴリー: 健康 パーマリンク