市販の果汁100%ジュースっていいの?

野菜を摂らないといけないことはわかっているけれど、なかなか食べることができない、あまり好きではないなどと言った理由で、ジュースなら気軽に摂取できると考える方も多いかと思います。

確かに、甘い清涼飲料水を飲むなら果汁100%のジュースの方が良いと考えるのもとてもよくわかります。

breakfast_a16

果汁100%のジュースってどういうものなのでしょうか?

 

濃縮還元、ストレートと表示に書かれているのをよく目にすると思います。
濃縮還元と言うのは、文字の通り濃縮されたジュースにお水を加えて、元の濃さに戻す(還元)したジュースと言うことになります。

絞ったままのジュースが良いのは当然なのですが、やはり嵩が大きくなるために、濃縮して量を少なくすることで、運送費用を安くする目的があります。
香料が原材料に書かれているものもありますが、濃縮したものを水を加えることで、香りや甘味がなくなってしまうこともあるため、後から香りづけがされています。
香料や甘味料が加わっていても果汁100%には変わりはありません。

 

ストレートは、果物をしぼった果汁を加熱殺菌処理したものです。これは食中毒などを防ぐ
ためには必要なものですが、飲んだ時には新鮮さがなくなってしまいます。

とは言え、果物を絞っているのだから、良いのでは?とも考えます。
ではどこに問題があるのでしょうか?

 

果物を絞る時には、たいてい皮ごと絞ります。もちろん皮にも栄養分があるものも多いので
良いかもしれませんが、どのように作られた果物かがわかりません。
加工して製造される場合は、最終的に製品化した国を生産国と表示することになっていて、どこのどのような果物かはわかりません。原材料の果物の素性が全く把握できないのです。

農薬がどれくらい使用されているかも定かではありません。色々な果物の残留農薬が、合わさることでどうなるのかもはっきり確認されていないのが実情なのです。

vegetable

また、ジュースを摂るメリットと言えば、ビタミンやミネラルなどをしっかり補給できるところですが、ストレートジュースは加熱殺菌処理されているために、それらが破壊されている場合が
ほとんどです。後からビタミンCなどが添加されているものもありますが、あまり意味がないように考えます。後で添加されていても果汁100%ジュースと表示されています。

 

体に良いからと飲むのであれば、本来は生の果物を絞るのがベストだと思います。
当たり前ですが、味も香りも新鮮さも、市販の果汁100%ジュースとは全く違います。
市販のジュースは手軽に飲めることは便利ではありますが、本来の目的にそぐわない点もあります。

 

とは言っても、私自身も利用することもあります。
良い悪いではなく、利用する本人がきちんと理解して上手に利用するべきだと思います

カテゴリー: 食べ物   パーマリンク