プラス+・マイナス-のバランス

最近の気候はおかしいよね・・・と言う声がよく聞かれます。
世界のあちこちで、異常気象が起きていますし、過去に例のない気象も増えています。

一部で温暖化が問題だと言われますが、その真相ははっきりはわかりません。

地球も人間も存在するものすべてにおいて、バランスを取ろうとする性質があるように感じます。

私たちは自分達の私利私欲のために、かなり地球(自然)を痛めつけています。
排気ガス、電磁波、農薬、ゴミの焼却、排水・・・・上げたらきりがないくらいです。
自分が直接関わらないので気がつかないだけで、私たち一人一人が自分が住む場所を無くそうとしているかもしれません。

大きい観点からすれば、地球はそんな状態から逃れようとリセットし始めているようにも感じます。

もっと小さなところでは、私たちの生活でもバランスは取られています。
薬は症状を軽くしてくれます。が、副作用は必ず伴います。時と場合によって、つらい症状を緩和するために用いることは必要であっても、長期で服用することは体をどんどん痛めつけていることに等しくなります。自分で努力して改善することを選ばず、薬だけにに頼ることは、別の病気にかかったりさらに痛みを増すことになります。

また、便利で簡単、安いお惣菜は、コンビニでも大人気です。
昔は、主婦が必ず手作りしないといけなかった食事が、チン!するだけで食べられますし、しかも美味しいとなれば、皆が利用するのもわかります。
でも、ちょっと不思議に感じませんか?食材を選んで、何時間もかけて調理する料理が、こんなに安く、簡単に手に入ることが・・・
何時間もかける調理に置き換えられるのが「添加物」なのです。時間をかけて作り出す「こく」を、添加することで簡単に同じような味を実現できる化学物質があります。
しかも企業にとっては、コストが大幅に削減できるとなれば、使わない企業はないですよね。
便利、安価と引き換えになるのが、健康です。すぐに命に関わることはありませんが、じわじわと病気を引き起こしてしまいます。アレルギーなどの自己免疫疾患や生活習慣病など、昔はほとんどなかった病気も、そうかもしれません。

夏の暑い中、エアコンがあれば快適に過ごせます。ほとんどの家庭が出す室外機の温風によって、さらに
外気温は上がって行きます。室外と室内との温度差は10度以上になり、自律神経のバランスを崩すことになります。
私が小さい頃は、打ち水をすれば涼しくなり、縁台を出して涼む人が多くおられました。
そんな風景が見られることはなくなりました。

 

人生においても、嫌な出来事は多々起こります。良いことばかり起こることはまずありません。
嫌な出来事も受け止めて乗り越えると、良い出来事もやってくることになります。
ですが私たちは、良い出来事を有難く感じるより、嫌な出来事に意識を置いてしまいます。
なぜ自分だけが?どうして悪いことが続くの?うまくいかない・・・など、悪いことには意識が集中しやすいように思います。

 

どんなものにもプラスとマイナスが存在します。

便利や快適、楽などのメリットには、デメリットも必ず存在していることを理解して選択することが大事です。

つらいことや嫌なことを乗り越えると、良い出来事が待っていることも信じて、前向きにがんばりたいですね。

カテゴリー: 山田日記 パーマリンク