「今できること」はいくつありますか?

今、自分は幸せだと感じますか?

もしそうでないと言うなら、それは何故ですか?
お金がない、容姿が不満、仕事がしんどい、などでしょうか・・・。

 

そんな人は、人と比べてできないことを探して、不幸だと感じています。
不幸を自分から見つけてはストレスにしています。

では、「今できること」を一度探してみてください。

息をすることができる。
歩くことができる。
手足を動かせる。
食事をすることができる。
目が見える。
自分の意志で好きなところに行ける。
薬を飲んでいたとしても、日常生活ができる。
腰が痛くても、命に別条はない・・・・

あげると、きりがないと思います。

 

もし、その「できること」が、できなくなったらと考えたことがありますか?

手足を動かせていたのが、動かせなくなったら・・・
きっと、手足を動かせるなんて、なんて贅沢だったのだろうと感じるかもしれません。

 

不満を探すことは簡単ですが、「今できること」を探せる人はあまりいません。
「今できること」を探して、感謝できるようになると、人を羨むことがなくなります。
自分のできることが有難いと感じるようになります。

一つ有難いと感じるようになると、有難いことは向こうからやってくると言います。
できないことばかりを探していると、できないことばかりを呼び込むことになります。

 

お金がなくても健康でいるなら、病気の人からすれば羨ましい限りかもしれません。
余命宣告された人からすれば、容姿がどうなんて全く気にならないはずです。
仕事に不満があれば、誠意をつくして転職するか、今の仕事から学べる何かを探すことも良いと思います。
仕事があることはそれだけで有難いことです。合わないなら、不満を口にするのではなく別の道を探すべきです。

 

命があり、「今できること」がいくつもあるなら、それはすごく幸せなことなのです。
たくさんの幸せを感じて、過ごしてみてください。
そうすれば、世の中の見え方が大きく変わってきますよ。

カテゴリー: メンタル パーマリンク