断捨離の必要性を実感

実家を片づけることになり、物の多さに悲鳴を上げていました。
昔の人は、もったいない精神が強くて、なんでも物を取っておいていたと思います。
包装紙、紐、引き出物ののお茶碗・お皿、着ていない洋服、いただいたシーツや毛布・・・


確かに昔はすぐに手に入りにくいものや、高価だったこともあり、大切に保管されていたのかもしれません。
でも現代は収納にも限界があり、そんなに色々なものを自宅に置いておけないのが現状です。とは言え、私自身は収納に困るくらいの洋服があり、同じような服を購入してしまったり、奥の方にしまっていて衣替えまで購入したことに気づかなかったり・・・
食器も使うものは限られているのに、たくさんの中途半端な食器が棚を占領しています。

片づけながら、自分自身が多いに反省させられる思いでした。
使うかもしれない、着るかもしれない、とりあえず・・・、必要だと断定できないものは、結局使わないし、着ないと言うことなんだと思いますが、捨てられませんでした。

自宅は、「かもしれない」や「とりあえず」なものであふれているように感じます。

 

今、ミニマリストさんがちまたでは話題になっています。
すっきりした暮らしで、必要最低限のものしかもたない人達です。
とても素敵で、たくさんの洋服を持っている人より、逆におしゃれだな~と感心してしまいます。

洋服が少なければ、選ぶのに迷うこともないですし、安易な購入をしなくなります。
本当に必要なものだけを持つと、自分に似合うもの似合わないものを正確に把握できるし、同じ服でも着方のアイデアのバリエーションが浮かぶようにも思います。

断捨離はとても勇気がいることかもしれませんが、きっと一度行ってすっきり暮らすと、もう元の物が多い生活は嫌になるのでしょうね。

 

すっきり暮らすだけでなく、断捨離にはその他たくさんの光明があるようです。
必要かどうかを決めるためには、物ときちんと向き合うことになります。本当に必要
かどうかを考えることは、自分と向き合うことにもなります。
持たない暮らしは、ていねいな暮らしへとつながり、本当の意味で物を大切にできる
ことになると感じます。そして今を大切に、自分を大切にする人生へとつながります。

 

ミニマリストさんたちの暮らしは、とても憧れます。
長くかかるかもわかりませんが、私も断捨離をはじめて行こうと思います。
人生の終盤を、すっきりと心地よく、本当に必要な物と暮らして行きたいと考えています。

カテゴリー: 山田日記 パーマリンク