老化の原因は糖化?

最近、女性誌などでも取り上げられている「糖化」

これが、体やお肌の老化につながると言われています。

糖化とは、過剰な糖が、タンパク質とくっついて老化を促進させる物質、糖化生成物(AGEs)を生成してしまうことです。

このAGEsは蓄積されていき、体に色々と悪影響を及ぼすことが解明されていきています。

タンパク質とくっついてしまうため、体の主な構成成分である、タンパク質のダメージが大きくなります。

タンパク質は、筋肉だけではなく、骨や血管、髪、皮膚、各種臓器の細胞にも必要な成分なのです。

そのため、細胞を劣化させたり、活性酸をを生みだしたり、細胞や組織を硬くしてしまいます。コラーゲンやエラスチンを硬くして劣化させたり、血管の柔軟性がなくなり、血管壁に変性が起こり動脈硬化の原因になったりします。また、骨が弱くなったりもしてしまいます。

余分な糖はタンパク質と結び付くと言うことで、血液中のヘモグロビンというタンパク質に結びつきます。これが、HbA1cと言って、糖尿病の指標となります。

糖質も必要な栄養成分ではあります。すぐにエネルギーとして使用することができますし、脳のエネルギーとしても必要です。

ですが、多く摂取しすぎたり、糖代謝が悪い人は、体に貯め込み、AGEsを増やしてしまいます。

糖質が燃焼できずに貯まってくると、体の脂肪や、血中脂肪となって行きます。

 

と、ここまで書けば、糖質は止めておこう!と考える人も多いのではないでしょうか?実際に、糖質制限すれば、肉などはどんどん食べてもいいようなことを言われている方もいます。

何かが悪いと言えば、それを排除してしまう。他のものですべて補うというのは、私自身はどうかと思います。

糖質も体にとっては必要な成分なので、排除していいというわけではありません。ただ、現代は糖質の摂取が多くなっていることが問題視されているのだと考えます。

精製された小麦粉や白糖は、血糖値を上げやすいと言われています。パン食や麺類、パスタ、お菓子やケーキなど、日々たくさんの糖質を摂取しているのです。

糖質を代謝してエネルギーに変換するために必要なビタミンやミネラルの不足が、糖をためやすい体にしています。

糖質の過剰摂取は老化を早めるため、注意が必要です。糖質は甘いものだけではないので、食事のバランスを見直しましょう。

カテゴリー: 健康 パーマリンク