ビタミンC不足で老化は加速する!

ビタミンCと言えば、美白、しみなどお肌に効果的なこと、風邪の時に飲むことで免疫力を上げる(一部では効果がないとも言われていますが・・・)など、と考えられています。

一般的な栄養成分で、サプリメントとしても飲まれている方も多いと思います。

ある研究チームが、ビタミンCを体内で合成できないマウスと、できるマウスに分けて、ビタミンCを全く含まない餌で飼育したところ、合成できないマウスは、ビタミンCを必要とするコラーゲンの生成ができずに、骨折したり、壊血病の症状を呈し、すべて死亡してしまったという実験結果を出しています。

ビタミンC欠乏状態が長く続くと、老化が4倍のスピードで進行し、ビタミンCに抗老化作用があると科学的に裏づけできる初めての報告だそうです。

人間は、体内でビタミンCは合成することができません。

厚生労働省の基準では、1日に100㎎の摂取を推奨しています。ちょっと摂取しなくても、貯蔵はされているので、急に老化が促進するわけではありませんが、水溶性のために体外に排出しやすいこともあります。

水溶性と言っても、一度に10g以上摂取すれば、悪影響もあるとも考えられていますが・・・

現代は、果物を毎日食べる人も減ってきているようですし、野菜を食べる量も少なくなってきているように思います。

抗酸化力があり、お肌にとっても、老化防止にも効果があることがわかったので、サプリメントで積極的にビタミンCを摂取することがアンチエイジングに効果があると考えられます。

合成のビタミンCは、排外に流れやすいので、数回に分けて摂取することが必要です。

天然のビタミンCやタイムリリース加工がされているCは、体内で持続して効果が発揮できるので、何度も飲むのが嫌な方にはお薦めです。

 

カテゴリー: サプリメント パーマリンク