歯周病予防に効果のあるサプリ 

25歳以降では80%以上の人になんらかの歯周病の症状がみられ、特に、50歳が近づいてくると、歯周病に気をつけないといけないと言われます。

歯周病は、歯茎と歯を支える骨が侵される病気。

ひどくなれば、歯をささえる骨が溶けて歯が抜け落ちてしまいます。 

最近よく聞かれるメタボですが、このメタボと深い関係があることもわかってきています。

 

歯周ポケットが深い人は、メタボリスクが高いという報告があります。

 歯周病菌は、全身に回ることで、糖尿病、動脈硬化、心臓病などにつながる可能性が高いと考えられています。

では、歯周病ってどのようになるのでしょう。

1.口の中で菌が、糖分など、歯にくっつきやすい食べ物を好んで、歯にくっつける

2.増殖して歯垢になる

 

3.歯垢と唾液のカルシウムがくっついて歯石になる

 

4.歯石の影響で歯茎に炎症が起きる

 

5.炎症のために歯周ポケットが深くなる

 

6.ポケットの中で、繁殖し、膿がたまり、歯をささえる骨が溶けて、やがて歯が抜け落ちる
 

若くても起きやすい歯周病・・・・

 

口臭にもつながるので要注意です。

減ってしまった骨は元に戻らないのです。ということはケアが大切。

歯磨きは回数より、きっちり磨くということが重要です。

 

1本づつ歯垢を取り除いていくようにていねいに。できれば、歯間ブラシを用いるのが効果的なようです。

 

そして、サプリメントでは、

 イソフラボン(アグリコン型)が効果があるというデータが出てきています。

大豆イソフラボンに含まれるゲニステインという成分は、骨の健康維持に効果的な成分とされています。 
 

イソフラボン(アグリコン型)とカルシウムの摂取で、歯槽骨(歯をささえる骨)での吸収が促進され、歯周病の部位の改善効果が示されています。

 

結果、イソフラボン(アグリコン型)は、全身の骨と歯周組織の維持に効果があることがわかっています。

 

カテゴリー: サプリメント パーマリンク