無農薬、玄米、無添加物が一番いいの?

玄米が良い、無農薬野菜が良い、添加物はダメ・・・

以前、自然食にこだわりすぎるお客様がおられました。

 

調味料も添加物のないものを購入し、とにかく身体に良いとされるものばかりを取り入れられていました。

0j-yasai-m

何が入っているかわからないから、外食はできるだけ避け、自炊中心という生活をしておられ、確かに体調は良くなられていました。

ですが、ある一定の時期から、逆に体調はすぐれなくなってきたのです。

 

こんなに身体に良いものを選んで取り入れているのに、まだ足りないのかと、ご本人はますます健康に良いものにこだわるようになりました。

なのに、どうして体調が悪くなってくるのか。。。

 

ご自分が身体のことを考えているせいか、コンビニ弁当を食べる人や、添加物に平気な人を、だんだんと批判するようになっていきました。

だんだん友人は食事にも誘えなくなるでしょうし、ご本人も添加物に対して拒絶しているために、外食を毛嫌いするようになっていきました。

 

身体に良いものをとこだわりすぎることで、どんどんストレスを溜め、神経も疲れて、不健康へまっしぐらと進んでいるような感じがしました。

友達も失っていっていたのかもしれません。

2013_0103

身体に良いものを取り入れることは、大切なことです。

カップラーメンやコンビニ弁当、ハンバーガーで、お腹をいっぱいにするだけの食事は、身体にプラスにはなりません。

 

ですが、あまりにこだわりすぎていては、ストレスが大きくなりすぎて、血流を低下させ、せっかくの栄養を身体に運べなくなるのです。

友達との楽しい食事は、精神的に心地よいだけでなく、美味しく感じられると思います。

 

食事は、目で見て臭いをかいで、噛むことで、身体が必要な栄養素を吸収しようとします。

身体に良いものだからすべては身体の栄養になるのではなく、美味しいと感じ、楽しく食べることで身体にプラスになるものだと思います。

 

私たちの身体は、非常にすぐれものです。

美味しく味わっていただくと、必要なものは身体に取り込まれ、不必要なものは体外に排泄してくれます。

0c7cc10b

添加物が多いと思う食事であっても、美味しく、有難くいただくことが大切なのです。

どれだけ食べても良いのではなく、自分の身体にきちんと耳を傾けることは必要です。味わって食べていれば、食べ過ぎることはありません。

 

あまりにもこだわりすぎても、あまりにも無頓着でも、身体にはマイナスに働くのだと思います。

食べる時は、美味しく味わって食べることが、一番大切なことですね。

 

 

カテゴリー: 食べ物 パーマリンク