抗生物質効かない薬剤耐性菌がまん延か??

抗生物質が存在しない世界では、菌が蔓延し、死亡する人が増え、平均寿命が著しく低下する。そんな可能性が高いと研究者が警鐘を鳴らしています。

抗生物質が効かなくなると、病原菌で命を落とす可能性もありますし、術後感染の危険性の高い患者さんは、手術できなくなる場合も増えます。

 

昔は風邪と言えば、抗生物質と言われるくらい、病院では出されていましたが、現在ではそういうことはなくなりました。

 

日本では、不必要な処方はなくなってきてはいますが、海外ではまだあるそうですし、処方箋なしで購入することができる国もあります。

 baikin04

病原菌も生きていくためには必死です。薬剤に対して無効化してしまう酵素を作り出し、不活性化させてしまいます。また、病原菌側の構造が変化することで、薬剤の効果をなくしてしまうこともあります。

 

怖いのが、菌の仲間意識?が高いため、ひとつの菌が耐性化してしまうと、耐性化した遺伝子が病原菌同士で伝わっていくことです。

 

通常は、私たち人間は病原菌と共存しています。その中で、力の弱い病原菌は自然淘汰されていきます。

抗生物質を使用すると、それに耐えた菌のみが生き残り(薬剤耐性菌)、その強い菌だけが増えていくことになります。

 

耐性菌ができるのは、その環境にも左右されます。

まずは、不必要に乱用されることです。あと、低濃度の投与(菌を死滅させるために必要な濃度より低い)によって、菌が死滅せずにそれに慣れてしまうことです。

中途半端な投与で、死滅させるほどでなければ、菌は逆に対抗する力をつけてしまうことになります。

その他、病状が良くなってくれば、途中で薬剤摂取をやめてしまうことです。菌が死滅していないにもかかわらず投与が途絶えると、再び菌は生き返ってしまい、残った強い菌が増えてしまうのです。

逆に、長い期間与してしまうことも、耐性菌を増やすことにつながります。

菌は生き延びるために、必死に生きようと試みます。少しでも死なないで慣れてしまえば、耐性菌が蔓延します。

kusuri_soft

私たち人間は、この世界で色々な生き物と共存しています。人間が一番偉いのではなく、強いのでもありません。共存を望んでいる菌に、喧嘩をしかけて怒らせてしまっているのは人間だと思います。

必要以上に、抗生物質を使ってきたことが、薬剤耐性菌を増やし、強力なものに変えることになっています。

 

「感染列島」という映画がありました。今まで人類が経験したことの無いウイルスに感染していた患者が、病院に運ばれ、あっという間に院内に広がっていきます。ワクチンが開発されるまでの約半年間で、人類の多くが死に絶える・・・。それは、映画の世界だけではなく、そこまで迫ってきている現実なのかもしれませんね。

カテゴリー: 健康 パーマリンク