癌宣告、あなたならどうしますか?

癌を宣告されたら、あなたならどうしますか?

以前の私なら、すぐに病院を探していたはずです。自分のネットワークを駆使し、ネットで調べて、あらゆる方法で少しでも良い病院に入院して治療をしてもらうことを望んでいたと思います。 

 

通常、宣告されると、すぐに「死」を意識してしまうから、怖いと感じるのではないでしょうか?いくら健康であっても、明日事故にあってしまうかもわからないわけですから、命が絶対に保障されているわけではありません。ただ、自分にはわからないだけです。

ですが、癌と言われたら、なぜか先を線引きされた気がしてしまいます。

でも、それは本当にそうなんでしょうか?

51WgsAmrEXL__SL500_AA300_

近藤先生は癌についてのたくさんの本を出版されています。ネットでは他のドクターから批判を受けてもいます。

昔の私なら、批判する立場だったのかもわかりません。

 

でも、多くの芸能人が、癌の初期だったにもかかわらず亡くなっています。それも、発症してからわりと短い期間に。

お金も人脈もある方もおられます。きっと権威のあるお医者様にかかられていることは間違いないはずです。

なのにあっけなく命を落とされているのです。

 

私の母も8年前に他界していますが、肝硬変を患っており、肝臓に小さな癌ができていると言われたことが気になり、今なら治ると言われた医師の言葉によって手術を受けました。

お腹を切る手術ではなかったので、結構安易に受けたのかもしれません。ですが、その手術は失敗に終わり、結局カテーテルで、肝臓に直接抗がん剤を投与することになったのです。

担当医師は一度失敗しているため、別の医師に手術を頼みました。現状をきちんと伝えていたのかどうか、結局弱っている肝臓に多量の抗がん剤を投与することになったのです。

 

すぐに、肝機能は急降下するくらい低下し、その病院には任せておけないと転院させました。ですが、もう手遅れになっていました。

あの、抗がん剤がなければ、もう少し寿命を伸ばせていたはずですし、苦しい思いをしなくて良かったのではと考えてしまいます。

 

抗がん剤は確かに癌を殺す薬ですが、正常な細胞にも毒であることは間違いないのです。

癌細胞を手術で切除することは良いと思いますし、まだピンポイントで放射線を当てるのは、ダメージが周りの少しの細胞だけなのでましなのかもしれません。

ですが、抗がん剤はそうはいきません。点滴によって、全身に投与されるのです。母は、肝臓にだけ入れたにもかかわらず、一気に症状が悪くなりました。

 

癌と宣告されて、抗がん剤をした方が良いか、放置した方が良いかのはっきりしたデータはないと思います。それは、放置する人がほとんどいないからだと思います。

西洋医学では、癌の治療は、切除か放射線か抗がん剤治療になってしまいます。日本にいる限り、病院に入るということは抗がん剤治療になるのは仕方がないことだと思います。

癌では死なない

 抗がん剤治療が本当に正しいのかどうか・・・。これだけ多くの本が出版され、ネットでも少し検索すればたくさん出てきます。

本来は、自分の身体を一番知っているのは自分のはずです。お医者様の意見だけにすべてを頼ってしまってもいいのでしょうか?

 

目にする情報がすべて正しいのかどうかということに、疑問を持つことが増えています。何が正しくて、何が間違いなのかを判断するのは自分です。

誰かのせいでこうなった、あのせいでうまくいかなかったと考えていると、誰かがいつも自分の人生をコントロールすることになります。

 

自分の人生においては、自分が責任を持つ「目」を養うことが必要です。目=直感力だと思います。何となく嫌な感じがすると言った、はっきりしていない感覚・・・。これを常に意識しそれに従っていると、直感力は鋭くなっていくそうです。

誰かが決めるのではなく、自分で決めること、それが自分にとって正しい選択だと思います。

カテゴリー: 癌について, その他の病気 パーマリンク