トランス脂肪酸

日本人は飽きっぽい性格ですよね。

テレビや新聞で、これが身体に良いとか悪いと言えば、すぐに反応し、その商品が急に売れたり売れなくなったり・・・

で、しばらくすれば忘れてしまって、なかったことにように元に戻ってしまいます。

マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸は、狂った脂肪酸と言われ、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、 不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されています。

海外では、使われていないトランス脂肪酸を、なぜまだ日本では使用されているのかがわかりません。。。。。

しトランス脂肪酸とは、液状の不飽和脂肪酸を水素添加をプラスすることによって飽和脂肪酸に変化させる過程で発生する物質です。

天然に存在する脂肪酸は、ほぼ全部シス型という立体構造をしていますが、トランス脂肪は水素添加したもので、トランス型といって、天然にはない構造になります。

この方法は、本来酸化しやすい食用油を酸化しにくくして商品寿命を長くし、商品棚に長期間並べることが可能になります。

 

 

トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニング(お菓子にいっぱい入ってます)などに使われています。一般の食用油にも入っています。もったいないと2度使いする使い古しの油にもたくさん入っています。

通常、脂肪酸は細胞膜の構成要素になっています。だから、身体にとって油も必要な栄養素なのです。
しかし、トランス型の構造は細胞膜の構成要素にならないため、細胞膜組織にトランス脂肪酸が多量にあると、細胞膜そのものが弱くなってしまい、有害な物質が侵入しやすくなるのです。

多くの生命維持の反応を脂質環境下(細胞膜)で行っていること、脂質の乱れにより様々な疾患が生じることが見つかってきているのがあきらかになってきています。
 
私たちの体を構成する細胞膜の脂肪酸は、炎症を抑えたり、免疫を促進する局所ホルモンのもととなります。

しかし、トランス脂肪酸はそのホルモンのもととして使うことができないので、炎症や免疫の機能調節に障害が起きる可能性があります。

さらに、自然界にはない物質なため、分解、代謝するためには時間がかかるし、そのために大量のビタミンとミネラルが使われてしまいます。その上、活性酸素も多く生みだしてしまいます。

代謝に時間がかかりすぎて、残っている分はのまま内蔵脂肪として蓄積するので、太りやすくなるということも・・・

マーガリンは、トランス脂肪酸の代表で、何年経ってもゴキブリもねずみも寄って来ないし、カビも生えないのだそうです。“食べるプラスチック”ともいわれているほど。
これを食べているのって、どう考えても身体に良いことはないはず・・・・

 
世界各国で規制が始まっているのにもかかわらず、日本の行政は?? 

別のしがらみがあるのか……。日本の行政は国民の健康よりしがらみを取るのか? と疑問に思うことも多々あります。

トクホマークの食品でも、たくさんトランス脂肪酸が使われているものもあるのです。

気にしすぎは良くないかもわかりませんが、自分の健康は自分で気をつける時代だということも認識しておくべきかもわかりませんね。

 

 

カテゴリー: 健康 パーマリンク