自分が自分の評価を決める

ソチオリンピックも終わりましたね。夜中まで見られた方も多かったのではないでしょうか?今回は、ドキドキしたり、残念がったり、涙したりとドラマチックなオリンピックでした。

 

ドラマチックと言えば、オリンピックのフィギアスケートで感動された方も多いのではないでしょうか?

バンクーバーで涙の銀メダルだった真央ちゃんが、4年間ソチでの金メダルを目標にがんばってきて、今回は金メダルを取れるのではないかという期待も大きかったと思います。

 

マスコミや周りの状況から、自分自身もメダルを取らないといけない、期待されている、その評価をもらうことが自分の使命であり自分もそうなることを望んでいるということだったのでしょう。

                              AS20140221000472_comm

そんな大きなプレッシャーの中、ショートでは緊張のあまりか、まったく思うように体が動かず、今までに経験しなかったような演技になってしまいました。

彼女の心境はどんなものだったのか計り知れません。

翌日のフリーの練習の時にも、まったくうまく飛べなかったトリプルアクセルなどのジャンプ。でも本番は、自己最高得点を出すほど、4年間やってきたことがすべて報いる結果になったのです。

 

私たちは、周りの評価が自分の評価であると判断します。小さい時から、自分よりあの子はがんばっているのにとか、誰かと比べて良いか悪いか、何番であるかということを重視されてきたのではないでしょうか?

 

自分より他人の評価が高いと、悔しがったり、落ち込んだりします。悔しさは自分を高めるためには必要なことかもしれませんが、自分を成長させるために、その悔しい気持ちが全て前を向くわけではありません。どうして自分は・・・と自己否定につながってしまうこともよくあります。

 

自転車に乗っていて、ぶつかる、ぶつかる~と思えば思うほど、ぶつかる方向に進んで行ってしまうことがよくあると思います。

それはある意味、自分でその方向に行きたいと念じていることにもつながります。

 

自分を否定してしまうことは、自分が否定しているような人になりたいと望んでいることになります。「自分は自分が思うような人間になる」とよく言われます。自分が本心ではなくてもそう感じていると、感じているままの人になるということです。

                             GW063_L

私たちは魂の成長のために、色々な感情を経験するために生まれてきていると思います。

色々な出来事に伴って起きる感情を受け止めて、どのようにプラスに結び付けて、自分を認めていけるかが人生における最大の学びのポイントだと感じます。

 

自分を否定して、起こった出来事をいつまでも引きずっていると、その考えの方向に進んでしまいます。できなかったことを良い経験と考え、自分を認めてあげることができることが、次のステップへとつながるのだと思います。

 

真央ちゃんが最後に最高の演技ができたのは、今までがんばってきた自分を認め、自分ならきっとベストな演技ができると信じたからではないでしょうか?

メダルや周りの目や評価ではなく、自分が一番認めてあげることを最大の目標にして、挑戦した結果だと思えました。

カテゴリー: 山田日記, メンタル パーマリンク